ueki大隅 典子

東北大学副学長(広報・共同参画)/ 男女共同参画委員長 / 医学系研究科 教授

本男女共同参画推進センターは2014年に設置され、本年より前センター長の植木俊哉理事より引き継がせて頂きました。どうぞよろしくお願いいたします。

1907年に日本で3番目の帝国大学として設立された本学は、1913年に我が国で初めて3名の女子学生を受入れていながら、自然科学系分野の占める割合が大きいこともあり、女性の参画という点においては残念ながら十分に進んでいませんでした。

そこで、2001年より男女共同参画委員会を設立し、共同参画に関する啓発や女性研究者育成支援に取り組むことになりました。例えば、文部科学省の支援を受けた「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」(2006年より3年間)、ならびに「杜の都ジャンプアップ事業for 2013」(2009年より5年間)を実施し、さらに大学独自予算による女性研究者育成支援活動を展開してきました。

2013年には、女子学生入学百周年を記念して、「男女共同参画推進のための行動指針」を策定し、里見 進総長(当時)より発信しました。同指針には1)両立支援・環境整備、2)女性リーダー育成、3)次世代育成、4)顕彰制度、5)地域連携、6)国際化対応、7)支援推進体制、の7プログラムが掲げられ、本センターは男女共同参画委員会を支援しつつ、男女共同参画を推進する主体となっています。

2016年からは文部科学省 科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)として「杜の都女性研究者エンパワーメント推進事業」を推進するとともに、大学独自予算により女性研究者採用促進事業を展開しています。

直近の事業展開として、上記の行動指針のうち「両立支援・環境整備」に関しては、2018年4月より、学内第三保育園として「青葉山みどり保育園」が開園し、さらに星陵地区の「星の子保育園」も拡充し、川内けやき保育園も合わせ、国内大学最大規模である250名の定員の学内保育園を擁し、男女限らず子育て中の教職員・学生の皆様に活用して頂く体制が整いました。

また「女性リーダー育成」として、各種スキルアップのためのセミナーや研究費等の支援を行うとともに、2017年より「紫千代萩(むらさきせんだいはぎ)賞」という女性研究者を対象とした顕彰制度を設立し、人文・社会科学分野、理学・工学分野、農学・生命科学分野、医歯薬学・保健分野の4分野からそれぞれ素晴らしい女性研究者が受賞しました。

現時点では、本センターの活動はマイノリティとしての集団の一つである「女性」に軸足がありますが、そもそも本学開学時の「門戸開放」という理念は、「女性のために」あったのではありません。三番目の帝国大学として、いかに優れた人材を広く求めるかという目的で、旧制高校卒業生以外に高等師範学校の卒業生や高等師範免許をもった人にも受験資格を与えることが目的でした。昨年、指定国立大学に認められ、国際化を推進し、世界から尊敬される大学を目指す本学としては、外国籍を有する教職員・学生への支援や、障がいを持った方々の参画などの課題もあります。大野英男新総長のご方針として、副学長の所掌事項が「男女共同参画」から「共同参画」になったことは、そのような将来に向けての第一歩と捉えられます。

今後もいっそう本学の人的ダイバーシティの推進に励む所存です。

男女共同参画推進基金へのご支援も含め、どうぞ皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成30年4月1日