【報告】モンテレイ工科大学代表団 センター来訪(17/12/1開催)

【日  時】 2017年12月1日(木)9:30-10:30
【会  場】 男女共同参画推進センター(片平キャンパス)

モンテレイ工科大学代表団 として、Adriana Rojas Martínez氏(Regional Director of Asia Pacific)、 Ana Torres氏(Associate Dean, School of Education and Humanities)、Jaime Bonilla氏(Associate Dean, School of Engineering)、Paulina Campos氏(Associate Dean, School of Social Sciences and Politics)、Alfredo Hidalgo氏(Associate Dean, School of Architecture and Design)、Verónica Fernandez氏(Associate Dean, School of Medicine)が本センターを訪問しました。
センターからは、永次史副センター長(多元物質材料研究所)、藤村維子特任講師、瀬戸文美助手が出席し、本センターの歩み、本学の現状、今後の課題などについてプレゼンテーションし、モンテレイ工科大学代表団から各学部で行われている取り組みをご紹介頂きました。その後、互いの男女参画に関する意見交換を行いました。今後の両大学の連携を目指して、語り合いました。