【報告】2020年度 第3回 TUMUG Online Lunch Meeting(2020/6/16開催)

【日  時】 2020年6月16日(火)12:00-13:00
【会  場】 オンライン
【対  象】 本学研究者、教職員
【参加者数】 約45名(関係者含む)

TUMUG Online Lunch Meetingは、新型コロナウイルス感染拡大防止をきっかけにスタートしました。東北大学の女性研究者のネットワークの形成及び実質的な学際融合研究等への発展を目指し、今後も定期的に開催していく予定です。

第3回目は、本学の紫千代萩賞の受賞歴を持つ2名の研究者が研究報告を行いました。はじめに、第39回猿橋賞の受賞者でもある梅津理恵教授(金属材料研究所)が、「材料工学分野の研究者 ー磁性材料の機能性と起源解明ー」をテーマに、研究者としての歩みを交えながら磁性材料に関する研究について紹介しました。次に、現在、厚生労働省の新型コロナウイルス対策本部クラスター対策班に協力している斉藤繭子准教授(医学系研究科)が、「疫学データから学ぶ新型コロナウイルスとその対策」というテーマのもと、疫学データから分かってきた新型コロナウイルス感染対策に関する報告を中心に発表を行いました。学内の研究者を中心に45名の参加がありました。

今後もTUMUG Online Lunch Meetingでは研究報告の機会を設け、専門分野を超えた交流や情報共有の場を提供していきます。発表を希望する方は、下記お問い合わせ先にご連絡ください。

お問い合わせ先

東北大学男女共同参画推進センターTUMUG
TEL: 022-217-6092
Mail: office@tumug.tohoku.ac.jp