【報告】女子大生の日登録記念イベント(2020/8/21開催)

【日  時】 2020年8月21日(金) 第1部/16:30-18:30 第2部/14:30-16:00
【会  場】 オンライン(Zoom)
【対  象】 第1部/学内教職員、学生、一般市民の方 第2部/中学生、高校生、保護者 
【ポスター】 第1部 / 第2部 
【参加者数】 第1部/100名以上 第2部/75名(関係者含む)

■第1部

■第2部

東北大学は8月21日を「女子大生の日」として日本記念日協会に申請し、正式登録されました。これを記念し、女子大生の日登録記念イベントをWEBで開催しました。

8月21日は、初代総長である澤柳政太郎の打ち出した「門戸開放」の理念をもとに、1913年、日本の大学で初めて女性の入学試験合格を発表した日です(官報告示)。このとき入学した黒田チカ、牧田らく、丹下ウメの3名が日本で最初の女子大生となりました。それから100 年以上を経て、本学では数多くの女性研究者を輩出しています。

女子大生の日登録記念イベントは、2部構成で開催されました。

第1部では、加藤諭東北大学史料館准教授と黒田チカ博士のご令孫である黒田光太郎名古屋大学名誉教授が講演を行ったほか、「門戸開放」の理念を打ち出した初代総長、澤柳政太郎の名前を冠した「澤柳政太郎記念東北大学男女共同参画賞」の第7回受賞者を発表しました。第1部は100名を超える方々が参加しました。

第2部では、自然科学系の女子大学院生で構成する東北大学サイエンス・エンジェル(SA)による中学生・高校生を対象とした研究発表・交流会を行いました。SAの研究分野の発表を通じて理系分野での研究の面白さや魅力、研究生活について伝え、各学部に所属するSAとの交流会を通じて、理系分野への進学に興味を持つ参加者の疑問や相談にお答えしました。第2部は、国内外から高校生・保護者等(学内関係者含む)を中心に75名が参加しました。