【受賞】本学女性研究者が第18回(令和3年度)日本学術振興会賞を受賞

第18回(令和3年度)日本学術振興会賞を、本学女性研究者が受賞しました。
受賞の対象となった研究業績は以下の通りです。

第18回(令和3年度)日本学術振興会賞


桑村 裕美子 教授(法学研究科)
研究業績:「労働者の多様化に対応した労働者保護法の規制手法に関する比較法的研究」

 

 


南後 恵理子 教授(多元物質科学研究所)
研究業績:「X線自由電子レーザーによるタンパク質分子動画解析」