TOHOKU UNIV. DEI CENTRETOHOKU UNIV. DEI CENTRE

東北大学ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DEI)推進宣言
―多様性と公正性を包摂する教育・研究・就労環境の実現のために―

東北大学は1907年の設立当初より、開学の理念として「門戸開放」、「研究第一」、「実学尊重」を掲げ、旧制高等学校卒業者に加え、高等専門学校、高等師範学校卒業生等の多様な人材にも入学の扉を開きました。その結果、全国の俊英が入学し、さらに1913年には日本で初めての女子大学生が誕生しました。留学生にも早くから門戸を開いていたことも含め、本学では黎明期から多様性に富んだ環境や意識を育んできました。

東北大学は2001年に全国に先駆けて男女共同参画委員会を立ち上げ、2002年に「男女共同参画のための東北大学宣言」を発出しました。女子学生入学百周年にあたる2013年には、その後の活動の基盤となる「男女共同参画推進のための行動指針」を策定し、以来「両立支援・環境整備」、「女性リーダー育成」、「次世代育成」、「顕彰制度」、「地域連携」、「国際化対応」、「支援推進体制」の7項目に沿った共同参画を推進してきました。これらの結果、2001年から2021年にかけ、博士課程学生における女性比率は13.6%から30.9%に向上し、教員の女性比率も5.7%から18.4%へ上昇しました。しかしこの女性比率は世界的な観点からは依然として低く、本学や日本の学術界におけるキャリア・パスには未だに性差にもとづく格差が厳然と存在し、男女比1対1のジェンダー・パリティの達成にはほど遠い状態です。

東北大学は2021年に「国立大学法人東北大学における人権擁護及び人権侵害防止に関する基本方針」を策定し、「社会的身分、門地、信条、障がい、性別、性的指向及び性自認その他の理由による不当な差別」(同方針「3.人権侵害の定義」)の根絶のための基本方針を打ち出しました。しかし多様性の尊重は未だに途上にあります。

東北大学はここに、これまでの宣言、行動指針、基本方針を継承し、さらに発展させるために「東北大学ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DEI)推進宣言」として多様性、公正性、包摂性を理念として掲げ、全ての構成員がダイバーシティを尊重し、かつ、全ての構成員のダイバーシティが尊重されるよう、意識啓発や環境・制度整備を促進することを国内外に宣言します。

東北大学は、世界が大きな変革期を迎える中、本学が誇る多様な知を総結集し、現在のみならず未来の人類の幸福を目指して新たな価値の創造へ向けて挑戦し続けるために、以下の方針に基づき、多様性、公正性、包摂性(Diversity, Equity & Inclusion:DEI)を推進します。

  1. 東北大学は、ジェンダー・ギャップの解消のために、各分野における女性教職員や女子学生の比率を把握し、現状と女性活躍推進度の可視化に努めます。それを基に、女性教職員の積極的な採用や上位職への登用、若手の育成などを全学的に行い、ジェンダー・パリティを追求します。
  2. 東北大学は、様々な多様性を実現するために、全ての学生・教職員が、尊厳を認め、個性を尊重し、相互を理解して、学修・教育・研究・業務に専念できるようにします。そのために、性別、ジェンダー、性自認・性的指向、年齢、障がい、民族、国籍、宗教、信条などに関わる無意識のバイアスを払拭する啓発活動を実施し、意識改革を行います。
  3. 東北大学は、学内の調査・分析に基づき、全ての学生・教職員が各人の能力を最大限発揮できる公正性が保障された環境を提供し、多様な属性・個性を持つ構成員の誰もが歓迎、支援、評価される包摂性に富む組織を実現します。

 

Tohoku University Declaration of Diversity, Equity and Inclusion (DEI)
– Working towards diversity and equity in education, research and an inclusive work environment

Tohoku University has upheld the principles of “Open Doors,” “Research First” and “Practice Oriented Research and Education” since its establishment in 1907. Departing from the norms of the other imperial universities at the time, Tohoku University accepted graduates from technical schools, and in 1913, became Japan’s first university to accept female students. It was also one of the first universities in Japan to welcome international students.

Tohoku University led the nation with the establishment of a Committee for Gender Equality in 2001, and issued the “Tohoku University Declaration of Gender Equality” the following year. In 2013, to commemorate the 100th anniversary of the admission of its first female students, the university published the “Tohoku University Gender Equality Policy,” which has served as the basis for subsequent activities.

Since then, the university has identified the following seven priorities to help achieve gender equality. They are: providing work-life balance support and improving environment conditions; nurturing female leaders; nurturing the female students; honoring the achievements of women;  facilitating local collaboration; promoting internationalization; and creating a support organization.

As a result of these efforts, from 2001 to 2021, the percentage of female doctoral students increased from 13.6% to 30.9%, and the percentage of female faculty members rose from 5.7% to 18.4%.

However, the ratio of female students and faculty members remains low compared to that of other universities in many parts of the world. There is a strict gender disparity in career paths not only at Tohoku University but in all of academia in Japan. We are, therefore, far from achieving gender parity of 1:1.

In 2021, the “Basic Policy on the Protection of Human Rights and the Prevention of Human Rights Violations at National University Corporation Tohoku University’ was formulated. Its goal is to eradicate “any acts of discrimination based on social status, lineage, race, creed, disability, gender, sexual orientation or gender identity; or any unjust discrimination based on any other reasoning, or any other act that is in violation of basic human rights” (the Basic Policy “3. Definition of Human Rights Violations”). However, respect for diversity is a work in progress.

Building on the various policies established thus far, the “Tohoku University Declaration of Promoting Diversity, Equity and Inclusion (DEI)” is a commitment to work towards diversity and equity in education and research. It is also a pledge to continue promoting awareness, domestically and internationally, and developing an inclusive environment with systems to ensure that diversity is respected by all members of the university.

Tohoku University will promote Diversity, Equity & Inclusion (DEI) based on the following:

  1. Tohoku University will study the ratios of female faculty members and female students in each field in order to close the gender gap; and strive to understand what is needed to better promote women’s activities. Based on information gathered, the university will pursue gender parity by actively recruiting qualified female faculty and university staff, promoting them to appropriate positions of higher responsibility, and training younger generations of female academics throughout the university.
  2. Tohoku University will ensure that all students, faculty and staff can devote themselves to their education, research and work with dignity, respect for individuality and mutual understanding. To this end, the university will conduct awareness activities to dispel unconscious biases related to gender, gender identity/sexual orientation, age, disability, ethnicity, nationality, religion, creed.
  3. Tohoku University will provide an environment that guarantees equity, where all students, faculty and staff can feel comfortable and maximize their abilities freely. It also aims to be an inclusive institution where members with varying attributes and personalities are welcomed, supported and valued.

MESSAGE
― センター長メッセージ

1907年に設立した東北大学は、開学の理念として「門戸開放」「研究第一」「実学尊重」を掲げ、多様な人材に入学の門戸を開放し、1913年には日本で初めて女性の大学生の入学を受け入れました。留学生も含め、本学では黎明期からダイバーシティを重視して参りました。

2001年に全国に先駆けて男女共同参画委員会を立ち上げ、2002年に「男女共同参画のための東北大学宣言」を発出し、女子学生入学百周年にあたる2013年には、「男女共同参画推進のための行動指針」を策定し、共同参画をさらに推進してきました。 その結果、2021年5月1日には、博士課程学生における女性比率は30.9%に向上し、2022年1月1日には教員の女性比率は19.9%へ増加しました。

東北大学はこれまでの男女共同参画に関する宣言、行動指針、基本方針を継承しつつ、これらをさらに発展させるために「東北大学ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DEI)推進宣言」を2022年4月5日に発出しました。この宣言では、多様性、公正性、包摂性を掲げ、全ての構成員がダイバーシティを尊重し、かつ、全ての構成員のダイバーシティが尊重されるよう、意識啓発や環境・制度整備を促進することを謳っています。

創立115周年、総合大学100周年を迎える東北大学は、本学が誇る総合知を結集し、現在のみならず未来の人類の幸福をも目指して新たな社会価値の創造へ向けて挑戦し続けるために、キャンパス内外におけるDEIを推進します。

2022年4月5日
男女共同参画推進センター センター長

田中 真美