杜の都 女性研究者ハードリング支援事業

サイエンスアゴラ2010

・開催日 2010年11月20日(土)~21日(日)
・会場 国際研究交流大学村(東京・お台場)
・参加者 サイエンス・エンジェル:八木橋奈央(生命研究科)
・ダウンロード
20101120_10 20101120_20
サイエンスアゴラ2010チラシ(257KB) サイエンス・エンジェル活動紹介ポスター(2.54MB)

当日の様子

20101120_40 20101120_50 20101120_70

独立行政法人科学技術振興機構(JST)主催、日本学術会議、独立行政法人産業技術総合研究所、国際研究交流大学村共催による、サイエンスコミュニケーションに関するイベント「サイエンスアゴラ2010」において「東北大学サイエンス・エンジェル」と題してサイエンス・エンジェル活動についてポスター発表を行いました。出展数は約1300企画、来場者は1日目が約1300名、2日目が約1400名でした。なお、サイエンス・エンジェル活動紹介ポスターには多数の来場者があり認知度の高さが感じられました。

参加者の声

    八木橋 奈央〔生命科学研究科〕
    今回のサイエンスアゴラ2010への参加は、サイエンス・エンジェルの一員としてだけではなく、科学に携わる一人としても、非常に刺激的なものでした。サイエンス・エンジェルに興味を持ってくださった、様々な所属の方とお話をさせていただく中で、サイエンス・エンジェルがいかに土台のしっかりした組織で、自身の自主性が尊重された活動であるかを実感し、今後とも頑張っていこうという意欲が湧きました。また、様々なキャリアパスを経た方々の科学との関わりあいを見て、研究に携わる自分たちがまず伝える努力を怠ってはいけないと強く感じました。ぜひ、また来年も参加したいと思います。