杜の都 女性研究者ハードリング支援事業

サイエンスアゴラ2013への出展「東北大学サイエンス・エンジェル -リケジョの夢-」

・開催日 2013年11月9日(土)~10日(日) 時間:10:00~17:00
・会場 日本科学未来館、産業技術総合研究所臨海副都心センター、東京都立産業技術研究センター
※SAは東京都立産業技術研究センター1階にて出展
・内容 詳細はこちら
・レポート 2010年度の様子][2011年度の様子][2012年度の様子
・担当SA 阿部 彰子〔生命科学研究科〕、田口 翠〔生命科学研究科〕、三浦 佳奈〔生命科学研究科〕

20131109_010 20131109_050 20131109_060
20131109_020 20131109_030 20131109_040

独立行政法人科学技術振興機構(JST)主催による「サイエンスアゴラ2013」へ出展し、ブース展示、体験型の実験としてブース内でオレンジオイルを用いて発泡スチロールを溶かしスタンプを作成する「オレンジパワーでスタンプを作ろう!」を実施しました。ブース展示ではSAOGである浅野成美さん、須藤彰子さん、八木橋奈央さん、浅野晴香さん、沼尾恵利子さんが有志で資料を作成し展示しました。当日は、高校生、高校教員、科学イベント実施者、一般、そして、SAOGらが見学に訪れ、担当SAらが自らの研究紹介、大学紹介、学生生活など資料を活用して説明を行いました。

担当したサイエンス・エンジェルの感想

  • 阿部 彰子〔生命科学研究科〕
    SAOGの皆様から、コラボレーションをしたいとのお話が舞い込み、SAOGおよび現役SAがもつ将来の夢に関して対比させてみようというアイディアが浮かびました。一般の皆様にとって理系の女子大学院生の進路は未知だと思います。そのため、この企画で、理系女子の将来像を広く周知できたのではと思っています。
  • 田口 翠〔生命科学研究科〕
    出展や交流会に参加して、サイエンスを伝える人がこんなにも多くいるのかと驚きました。また、自分が伝える立場になって話すことの面白さを感じました。これからも、何らかの形でサイエンスを伝えることが続けていきたいと思いました。

計 約150名